ZIGENは敏感肌でも使えるのか?敏感肌の僕が試してみた

ZIGENは敏感肌でも使えるのか?敏感肌の僕が試してみた

最近色々なところで紹介され、人気がでているZIGENオールインワンジェルですが、僕が買ってみようか悩んだ理由の1つに「敏感肌でも使えるのか?」ということがありました。

 

ZIGENの公式サイトをみると、「低刺激で敏感肌でもOK」と書いてありますが、生半可な敏感肌ではない僕にはそれでも心配でした。

 

しかし、口コミを見ていると、どうやら敏感肌の人でもいい感じに使えているようなので、実際に試してみることにしました。

 

洗顔料はヒリヒリしない!

ZIGENを実際に使ってみた

注文してからおよそ10日ほどで届き、実際に使ってみました。洗顔料はよく泡立てて使って下さいと記載があり、無印良品の泡立てネットを使って泡立てました。

 

実際に洗顔してみると、敏感肌の僕でもヒリヒリすることは全くありませんでした。顔の脂や汚れはとってくれるのですが、洗いすぎている感覚がなく、顔を洗った後なのに肌が潤っている感じがしてとても不思議でした。今まではロゼッタ洗顔パスタという市販の洗顔料を使っていたので、この違いには驚きました。

 

オールインワンジェルを使ってみた

ZIGENを実際に使ってみた

洗顔の後にオールインワンジェルも使ってみましたが、こちらもヒリヒリするようなことは全くありませんでした。

 

ただ、気をつけてほしいのは、最初誤って目に入ってしまい、目にはしみたことです。いくら敏感肌でもOKといえど、目に入ると少ししみますので気をつけましょう。

 

オールインワンジェルのラクな所は、乳液を使わなくて済む所ですね。洗顔後に、ZIGENオールインワンジェルをさっと塗るだけで、肌がモチモチになります。塗った直後は少しべたつきを感じる人もいるかもしれませんが、説明書にも書いてある通り5分もすれば肌に馴染んでとてもスベスベの状態になります。

 

乾燥肌やテカリ脂性の人は、そもそも肌の潤いが足りていないのが原因です。ZIGENであればセラミドなどの効果により、男性でも肌の潤いを保つことができるので、乾燥やテカリを解消することができます。

 

実際に僕も使いはじめて、全くといっていいほど乾燥することが無くなりました。

 

ZIGENオールインワンジェルはなぜ敏感肌でも使えるのか

こうして使ってみて、ZIGENは敏感肌の僕にも使うことができました。ですが、なぜ他の化粧品と違いZIGENは低刺激なのでしょうか。それにはこういった理由があります。

 

高級セラミドを使用している

ZIGENには、セラミドの中でも「ヒト型セラミド」というセラミドを3種類もふんだんに使用しています。これは、一般的なセラミドと違い、人間の肌にもともとあるセラミドと同じ構造をしています。

 

なので、肌につけても肌は刺激と感じずに受け入れてくれるのです。このヒト型セラミドは、普通は女性用の高級化粧品にしか含まれていないため、ZIGENの価格でこの成分が入ってるのは驚きといえます。

 

肌に優しく作ってある

ZIGENは、余計な成分を一切配合していません。

  • 無香料
  • アルコールフリー
  • オイルフリー
  • パラペン(防腐剤)フリー

であるため、敏感肌の人でも使える低刺激を実現することができています。

 

また、メイドインジャパンにこだわり、日本国内で製造しているため、品質がいいことも理由の1つといえます。

 

 

これまでいくつかメンズスキンケア商品を試してきた僕ですが、ここまで低刺激なのはZIGENが初めてでした。敏感肌で使うのが心配な人にもオススメできるので、参考になれば嬉しいです。

 

よく読まれている記事です

ZIGENが一番安く買えるところはどこ?